challengebnr

futaba【第11回】 ベンリナー菜麺器でベジィパスタ作り♪


こんにちは。村上農園の菜月(なつき)サヤです

スプラウト&ローフードキャンペーンも5ヶ月目に突入し、このキャンペーンブログを見たよと声をかけてくださる方も増えて、社内でもローフードがちょっとしたブームです。
そんなこんなで、先日、ウチの社長から株式会社ベンリナーさんの「菜麺器をもらってしまいました~  
すっごく嬉しい~~~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ジャーーーン、コチラです!

11回ベンリナーパッケージ


「菜麺器」というのは、ローフードを実践している方にはおなじみの道具で、野菜を麺状にスライスする道具のこと。
当シリーズ第9回「清水志麻さんのローフード体験教室に参加♪」の回で清水さんがベジィパスタを作るのに使っていましたネ。

今回は、この菜麺器を使って、菜月初のベジィパスタ作りに挑戦してみましたよ~


こちらが、菜麺器です。野のように切れるから、このネーミングなんですねっ 
歯が3種類あって、麺の太さが選べます。

11回ベンリナー本体


さっそくズッキーニを装着っ


11回ベンリナー野菜装着


ズッキーニの他に、人参やカブ、大根、加賀太きゅうりなんかもです
2種類くらい混ぜると、食感に変化があって、オイシイですね。


11回ベンリナー野菜スライス


さっそくスライスしていきます~~
真ん中に芯が残りますので、これは後で食べちゃいましょう(*^▽^*)

それにしても、切れ味がいいですっ
ベンリナーさん、さすがスライサーの老舗ですね!
人参が少し余っていたので、この後、人参も菜麺器にかけてみましたよv

…で、次にパスタソースを作るのですが、今回は「モロヘイヤ」を使ってみました

モロヘイヤは、アラビア語で「野菜の王様」という意味で、古代エジプトの王様の重い病がモロヘイヤのスープで治ったことからこの名がついたとか…。昔から健康によいとされ珍重されてきた野菜です!
菜月は昔からこのネバネバに目がありません!

モロヘイヤはさっと湯がいて刻み(←ローじゃなくてすみません )、
梅肉と和えて、生しょうゆと昆布のだし汁、アガペシロップで味付けしました。(´∀`*)

仕上げにブロッコリー スーパースプラウトをトッピング
景気よくどーーんと中高に仕上げるとおしゃれに決まりますよ
スーパースプラウトは洗わずにサッと使えるから超便利 


11回パスタ完成

  ジャーーン!! 菜麺器のおかげでワンパターンになりがちだった菜月のレパートリーに、ついに“麺”がプラスされた瞬間で~す!

サッパリしていて、おいしかったです ≧(´▽`)≦

パスタといっても野菜は野菜なのですが、形状が“麺”であるだけで、いつもと一味も二味も違う 
ソースが絡まりやすかったり、食感が変化するからでしょうか
不思議です~

□■□■□■□■□□■□■□■□■□


次回は、私のとっておきの”七つ道具”を披露しちゃいますね。
ロー初心者の菜月にとっては、バイタミックスディハイドレーターはマダマダ高嶺の花なのですが、
ローにこだわった食生活を送っていて、これはよく使う!や、あると便利◎と思っているものをお伝えしようと思いますっ

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ではまた~(・∀・)/~~~~~




ブログ村ローフード地区?にはステキな仲間がイッパイです! 
↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ