こんにちは!村上農園の新芽モエです 

突然ですが、みなさん AGE(エージーイー)ってご存知ですか?

肌のシワやたるみ、血管の硬化などに関わり、老化をすすめる原因物質として
近年注目を集めているコワーい物質です 


このAGE研究の第一人者である、久留米大学の山岸昌一教授によると

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンに
AGEの生成を抑える働き が期待できるとのこと
 

今年4月に出版された、山岸先生と一般社団法人ホールフード協会代表の
タカコ ナカムラさんの共著でもAGEを抑える食材として
ブロッコリー スーパースプラウトが紹介されています 

11150542_831439846894001_7374512949112761767_n


 
 
AGEとはどんな物質なのか? 
スルフォラファンの働きとは?


先日都内で行われた山岸先生とタカコ先生の出版記念講演会に
私新芽モエが参加してしっかり学んできました ので、
ハリキッて  レポートしたいと思います!! 

IMG_1170
満員御礼の講演会場の様子。みなさん真剣にお話に耳を傾けていらっしゃいました。

 

そもそもAGEってどんなものなのかというと、
たんぱく質に糖がくっついた状態のことで、
日本語では「終末糖化産物」といわれます。 
(AGEは、Advanced Glycation End Prodaucts の略だそうです。)

山岸先生によると、
そもそも人の体はそのほとんどがたんぱく質でできていて、
この たんぱく質が通常の機能を
果たせなくなった状態=老化
考えることができ、
たんぱく質の機能低下にAGEが深く関わっている
のだそうです。

たとえば、
のたんぱく質がAGE化すると、弾力が失われてたるみしわを引き起こし  
のたんぱく質がAGE化すると、ツヤが失われてパサパサ  
血管のたんぱく質がAGE化すると、硬化して破けやすくなりますし
関節スムーズに動きにくくなることにもAGEが関わっているとのこと 

体の中にAGEがたまると見た目に老けて見え、
健康寿命も短いという研究結果も報告されているのだそうです 


AGEをためない、若々しくて健康的な毎日を送るには
特に食生活に気を配ることが大切とのこと!

具体的には
○ ゆっくり食べる 
○ 野菜 など繊維質のものから先に食べる。
○ 低GI食品(玄米やそばなどの加工度が低い食品)を意識する 
○ AGEの多い食品を避ける 
  「油で揚げたもの」や「高温で長く加熱したもの」「ファーストフード」は要注意
○ AGEをためない食品を積極的にとる

といったことが案内されました。

講演会の中で、
AGEをためない食品の代表例として紹介されたのが、
ブロッコリー スーパースプラウト  

有用成分スルフォラファンに、
たんぱく質のAGE化を抑えAGEが細胞に与えるダメージを防ぐWの効果 
期待できるのだそうです。
 

山岸先生は今後ブロッコリー スーパースプラウトを使って
スルフォラファンとAGEの関係について研究を進めていかれるとのこと、
ブロッコリー スーパースプラウトがアンチエイジングの切り札 として
世の中に認められる日も近いかもしれません
今後の報告に期待が高まります 


AGEへの効果が期待される有用成分「スルフォラファン」について
くわしくはコチラをごらんください