challengebnr

futaba【第16回】 松田すみれさんの「Cacao∞Masic」!


こんにちは! 村上農園の菜月(なつき)サヤです(*^▽^*)

突然ですが、みなさんチョコレートは好きですか~?

菜月はもちろんダイスキ チョコレート食べると幸せになりますよね~。
ちなみに新芽モエちゃんの“一番好きな食べ物”は、チョコレートだそうですヨ(笑)

今回は、そんなチョコレートをRawでおいしく作る、
松田すみれさんワークショップに参加してきました

Rawチョコと言えば、松田すみれさん
……というくらいに、ローフード界で有名なショコラティエ、松田すみれさんが、
初めて関西でワークショップを開催して下さいました

主催してくださったのはRaw8(ローハチ)CafeのShinaさんです!

Cacao∞Magic」の名前の通り、
とってもMagicalなワークショップの様子をご紹介しま

まず、すみれさんのローフードと出会い、そして
Rawチョコレートを作るようになるまでのヒストリーをお話ししてくださいました。

みんなの前で

おいしいチョコレートができるときと、そうでないときの違いなど、
すみれさんが経験から学んだ、貴重なエッセンスを教えてくださいましたよ
このエッセンス、チョコレートを作るときだけでなく、いろいろな場面で参考になりそうなお話でしたφ(.. ) 
 

チョコレート作りの前に、アーモンドミルクで作ったチョコミルクの試食です! おいし~い

カップ

そしてこちらは、日本ではなかなか手に入らないという、天日干ししたカカオ豆です。
これの皮を剥いて、砕いたものがカカオニブですね。

豆


割ってみると、紫色のようなキレイな色なんです(*^▽^*)


それでは おいしいチョコレート作りの始まり、始まり~~

菜月にとっては、Rawはもちろん、チョコレート作り自体が初めて!((o(^∀^)o))ワクワク
意外だったのですが、必要な道具はとってもシンプルなんですネ (*^-^)b
用意されていたのは、ごく普通の鍋や泡立て器、ガラス製計量カップなどでした。


しかし材料はかなりのこだわりがあるようで……
使用しているカカオパウダーやカカオバターは、なかなか手に入りくいもののようでした。

モチロン、入手方法は質問すれば丁寧に教えてくださいます

作り方は「必ず48℃以下で」ということを除けば、基本的には普通のチョコレートと同じだそうです。


カカオバターを刻み…… 

刻む
 

湯せんで溶かし……

 混ぜる


カカオパウダーやアガペシロップを入れて、温度を下げていきます。

作業のポイントをメモする皆さんの真剣な表情 
 

メモをとる

そして、テンパリング(調温)です。

調整手元


テンパリングとは、チョコレートに含まれるカカオバターの結晶
最も安定した状態にする温度調整作業のことで、
光沢の美しい、滑らかな口当たりのチョコレートを作るには
欠かせない作業なんだそうです!←知らなかった……(;^_^A)
 

丁寧にテンパリングをしていきます 

混ぜる
 

そして、と~っても美しい光沢のあるチョコレートが 

 中を見せる


型に流し入れたチョコレートを持ってパチリ 
とってもいい笑顔です 

チョコトレー


チョコレート作りの間も、作ったチョコレートが固まるのを待っている間も、
すみれさんはいろいろなお話をしてくださいました 

教室引き

ほとんどの情報がすみれさんご自身の経験により得られたもので、
いろいろなエピソードとともに、ゆったりした優しい時間が流れます……
チョコ作りにこめたすみれさんの熱い想い、シッカリ受け取らせていただきました


ワークショップで作ったチョコレートはお持ち帰りできます 

おみやげ

ごちそうさまでした!

すみれさんのワークショップは不定期開催とのこと。
興味を持たれた方は、すみれさんのウェブサイトでチェックしてみてくださいね。


Cacao∞Magic HP :  http://www.cacaomagic.com/

松田すみれさん、がたくさん詰まった素敵な時間をありがとうございました

 



 Information 

 
「ローフーディストに30の質問」松田すみれさんの回
   http://sprouts-raw.com/archives/1060744.html

 松田すみれさんのblog : http://cacaomagic.exblog.jp


ブログ村ローフード地区はローフードに関する情報満載! 素晴らしい仲間もイッパイです! 
↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ